髭とAGAの関係

最近よく耳にするAGAとは、男性型脱毛症のことです。これは、年取ってからなるものではなくて、10代でも発症することはあります。頭頂部や生え際の部分の頭髪がなくなってくる病気です。とても遺伝することが多いです。実は、禿げているひとは、髭が濃い人だと言われています。薄毛になる確率が、髭が濃くなればなるほど高くなるらしいのです。

 

体毛を始め、髭が濃い人は男性ホルモンが多いと言われています。AGAと男性ホルモンの関係はとても密接なのです。男性ホルモンの中には、髪の毛の成長が順調に行われなくなる働きをするものがあります。これにより、薄毛につながってしまうのです。

 

薄毛になっていないから大丈夫と思っている人でも、髭が濃いならばAGAになる可能性があります。禿げやすい体質なのです。しかし、薄毛にAGAにならないための対策を早めに行って入れば大丈夫かもしれません。

 

まずは、ホルモンのバランスを取ることです。禿げやすいかもしれないと思っている体質の人は男性ホルモンの分泌量を下げましょう。ホルモンの分泌を抑えるためには、過度なストレスをかけないことです。ストレスが男性ホルモンの分泌を促します。

 

また、男性らしい体つきになるための筋肉トレーニングも避けたいところです。普段の生活は、交感神経を刺激しないような生活を送ることが予防できる方法になっています。AGAは進行性のために、早く対策を行うことが効果的になってきます。