遺伝によるAGAは母方から受け継ぐ遺伝子によって決まる

男性の薄毛の多くは男性型脱毛症・AGAとされ、早い人では10代後半から抜け毛や薄毛の症状を発症します。AGAの原因には生活習慣の乱れやストレスなどが挙げられますが、全体の4分の1は遺伝による薄毛とされています。

 

ヒトの遺伝子は「X染色体」と「Y染色体」が組み合わさって性別ができ、「XY」を持っていれば男性、「XX」を持っていれば女性となります。AGAを決める遺伝子はこの内のX染色体に存在し、母方から受け継がれます。

 

男性型脱毛症の原因はジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンによるものですが、頭皮にはこのDHTに反応する受容体があります。この受容体の感度が高いとDHTの影響を強く受けて髪トラブルを生じてしまいますが、低ければDHTが生成されてもそれほど影響は受けません。

 

感受性の高さを決めるこの受容体は母方から受け継がれるため、病院で薄毛の治療を受ける際には母方の家系に薄毛の人がいるかどうかを尋ねられます。もしこの時、母方の家系に薄毛の人がいれば、感度の高い受容体を持っている可能性があり、AGAの可能性が疑われます。

 

ですが、薄毛になりやすい遺伝子を受け継いだからといって必ずしも薄毛になるとは限らず、逆に遺伝子を受け継いでいない人でも薄毛になる場合があります。これは食生活や生活習慣、ストレスなどが原因とされており、薄毛の対策にはまずは生活習慣の見直しをはかることが改善への一歩と言えるでしょう。

 

健康的な頭皮と毛髪の維持・育成には髪に良い栄養分の補給と正しいヘアケアを日常から意識することが大切です。薄毛は早い段階での対処が改善のカギとされていますから、日頃から心がけるようにしたいですね。